受動喫煙は乳歯にも悪影響 !

受動喫煙は乳歯にも悪影響 !


皆さん、こんにちは。立石ファミリー歯科の鎌田です。

先日、受動喫煙と虫歯の関連についての論文が出たそうで、ニュースにも取り上げられていましたね。そもそも受動喫煙とは、本人が喫煙しなくても身の回りのたばこの煙を吸わされてしまうことを言います。タバコからの煙だけでなく喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールなどの多くの有害物質が含まれています。

京都大学のグループによる乳歯の虫歯と家庭内での受動喫煙の関係に関する論文がイギリス医師会雑誌に掲載されました。
これは神戸市の健康診断を受けた2004年から2010年までの間に生まれた76920人の子供の1歳半と3歳の時点での口の中の乳歯を歯科医師が視診での虫歯の検査と親への家庭内での喫煙に関するアンケートをもとに調査したものです。

乳歯の虫歯の総数は12729本で虫歯に対するリスクの違いは
● 無喫煙者のファミリー:14.0%
● ファミリーで誰かが喫煙するが明らかな受動喫煙かどうかはわからない:20.0%
● あきらかな受動喫煙:27.6%

このことは家庭内で喫煙するものがいると子供が虫歯になるリスクは1.46倍に、
目の前で煙草を吸うような状態では吸わない家庭での2.14倍にもなるとの結果です。
お子様の虫歯を減らすためには口の中の定期的なチェックに加え、
受動喫煙の環境を減らすことが大切ですね。